口元が気になる人は必見!綺麗な歯は審美歯科で手に入れよう

前向きになれる治療!審美歯科治療の意味とは?

審美歯科でもできるインプラント治療

審美歯科の治療は、歯並びや歯の汚れを落とすなど、見た目を綺麗にすることが目的になっています。
なので、今ある歯の状態を確認し必要な治療を行うことが重要ということです。

歯並びを綺麗に見せる為に、インプラント治療も審美歯科では行っています。
虫歯で歯を抜いた人や、歯が折れて失ってしまったなどの治療の際に、人工の歯を歯茎に埋め込み歯並びを整える治療になります。

失ったところに、入れ歯を使用することも可能ですが、入れ歯は手入れも大変で年数が経つと歯に合わなくなってしまうなどのデメリットがあります。

審美歯科で行われるインプラント治療は、歯並びを守る為に使われています。
歯は動くので、失った歯の部分をそのままにしておくと、歯並びは悪くなり噛み合わせにも影響します。

失った歯の代わりに、人工の歯を埋め込み補うことで、歯並びを綺麗に整えることができるのです。

審美歯科の治療で期待できること

審美歯科治療は、口元に自信が持てなかった人が前向きになれる治療とも言えます。
着色汚れや歯並びは、とてもデリケートな問題で、人から見られるという点でも不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

口元の汚れに気づかれないように会話をするのは難しく、笑うなどは特に気を使います。
最初は小さな悩みでも、悩みは徐々に大きな悩みに変わり、閉鎖的な気持ちが生まれてしまいます。

明るく笑いたくても口元に自信がないと表情が暗くなり、人と会話をすることが怖いと感じるようになります。

審美歯科は虫歯の治療とは違い、見た目が良くなることが重要です。
自分が希望していた治療の成果が見られたときに、はじめて解決できるものです。

大事なのは、治療する前に医師にどんな治療をしてもらいたいのかを相談することです。
審美歯科で治療を受けることで、前向きな気持ちを手に入れられることに期待したいですよね。


この記事をシェアする